2011年7月29日金曜日

【レポ】本日、実家から堺市まで往復ライドでした…。

朝7時に自宅を出発して、犬鳴山を越えて、熊取、岸和田、堺市、と走ってきました。津久野には、9時半到着。ほんとは、渋滞がなければもっと早く着いていたと思います。

センターに着くと、みな、真っ黒に日焼けした全身レーサージャージの私を見て唖然でした。和歌山から自転車で着たというだけで利用者は、みな、びっくりしておりましたw。堺市往復くらいなら、私の中では、中距離なんだけどねw。

今、15時すぎに帰り着いてこれを書いてますが、それほど疲れておりません。まだ、夕方のポタリングとか行けそう。最近、自転車で長距離を走るのが中毒になっていて、どんどんエスカレートしております。特に峠越えに夢中になってます。ギヤは、1対1の超ローギヤなので、どんなに激坂でも登れます。というか、がむしゃらにこぐのではなく、坂道を味わうというようなスタンスで楽しんで峠を越えております。今日も炎天下、蝉しぐれに耳をそばだて、清流の涼しい風に夢心地で犬鳴山を越えました。

通い慣れた道なので、次にどうなるか展開がわかって走り甲斐もあります。

津久野の拠点に遊びに寄って、スタッフやら利用者やらと再会を喜び合って、また、鳳のエール氏の店に立ち寄り、自転車談義に話が咲きました。エール氏の店でこのチューブラーパスハン車の記念撮影です。長年自転車道楽続けていてたどり着いた究極の一台がこれです。軽いギヤとチューブラータイヤ。ポジション取りがいろいろ便利なランドナーバー…。一見変わった仕様に見えますが、日本の道路事情に実によくマッチしております。

旧13号コースは、渋滞がひどいものの、適度にコンビにがあって休憩がしやすいのでいいですな。特にトイレをよく借りる私としてはありがたや。次次にポカリを買い替え飲みます。とにかく飲んでも飲んでもすぐに空っぽになるので、水分補給ばかりです。この日のような炎天下では、熱中症対策として、頻繁な休憩と水分補給が欠かせません。

かなり峠越えのコツをつかんだのか、軽いギヤでくるくると回し、一回も降りず、楽に往復走れました。また、次、どっかコースを検討します。(=^・^=)

2011年7月28日木曜日

急に過激なことをやったおかげでw…。

先週日曜日のロングライドのおかげで、体周囲に影響がじわじわと出てきている。まず、下唇の腫れ。若干イカリヤ長介みたいになっている。

明らかに疲労の影響だろうと思われる。それくらい、体がなまりきっていたのだ。思えば、ここ半年間ろくに運動もしていない。仕事が忙しいとかなんとかでつい、億劫になって休日はゴロゴロって状態が長く続いていた。気がつくと知らぬ間に下腹が出っ張ってきていて、びっくり。しかし、一日の強化合宿で見事にへっこんだ。次は、もう少し、腹筋を鍛えたい。それで、明日また休みにどこぞへロングライドに行きたいと思っている。友人のいる堺市方面がいいかもしれない。途中に山脈越えがあるため、行き帰りに登坂できるのがいい。

ま、天気次第であるが、全開に走りたい欲求でいっぱいである。

2011年7月26日火曜日

100キロの余韻…。

日曜日に五條市往復の約100キロを走りきったわけだが、その余韻が今来ている。体が少しだるい気持ちよさというのか、しんどいというわけではないのであるが、もう次のライドを楽しみにしている状態だw。

今度、金曜がまた休みなので、堺市の方へでも往復行くかとか考えているが…。

とにかく、次は登坂である。峠というステージがこの日本では、外せない。どこへコースをとっても必ず大小の峠越えがあるため、坂を登るということから絶対に逃げられない。それで、坂道を登る練習というか、楽しみをもう一度復活させたいと思うわけだ。

私は、高校生の頃は、峠越えの鬼だった。学校から帰るとまず、犬鳴山の峠越えをして、裏道を通って土仏峠を押し上げ、ひたすら下って帰る、っていう練習コースを楽しんでいた。それほど健脚だったし、峠越えが好きだった。

びっくりしているのは、お腹回りのスリム化である。一回り痩せた。たった一日でである! まったく自転車恐るべしだ。今、また特に腹筋を鍛える峠越えプランを考えているので、もっと細くなって引き締まってくるだろうと思う。登坂は、とにかく腹筋を使うため、効果的だ。

次は、ストレッチを学びたいと思っている。最近、歳のせいか、こむら返りがよく起こる。これが癖になり、ちょっと筋肉を酷使するとすぐになる。なると猛烈に痛いので、降りて押す、ってハメになる。

なので、乗る前と乗った後のストレッチを学びたいと思っているわけだ。それにしても全身汗を全開にかくというのは、爽快な気分である。 精神的にも切り替えがばっちりでき、ストレスがゼロになって、自転車生活にますます虜になりつつある私なのである。

2011年7月24日日曜日

【レポ】自宅から五條市の往復自走でしたw…。

ひさしぶりに地元のサイクリングクラブに顔を出し、五條市まで自走にてみんなといっしょにサイクリングしてきました。集合場所に行くと、続々と強者どもが集まってきておりました。自走というからには、かなりにストイックに自転車にのめりこんでいないとそうそうエントリーできません。本日の走行距離でもほぼ100キロはあるんだから…。

しかし、紀の川沿いのコースは自転車専用道路が整備されていて、ちょっと遠回りになるものの、快適に走れます。しかし、カーボンレーサーの中に鉄フレームのランドナーがオイラだけとはw…。この前から本格的にロングライドをするようになってその魅力に取り付かれつつあります。

本日のコースは別にアップダウンもなく、紀の川沿いを淡々と走る設定なので何も苦しいことはありません。気がついたら五條市でした。本陣という地名のところに来て、交差点の地下をトンネルになっていて、自転車は押して走っていくことに…。それから国道をちょっと走れば、休憩ポイントの吉野川という料理店でした。ここで、昼食です。ここ、車でいつも通っているけど、中に入るのは今回が初めて。

私は、吉野川昼伍膳というメニューにしました。他の人は、とんかつ定食とか頼んでたなw。

今回もエントリーした人の中には、クラシックなTOEIを乗って来ている人がいたな。

そして、昼食後は予定変更で、本当は、かもきみの湯って銭湯に浸かって帰る予定だったんだけど、誰も賛同者がいなくて、ここから引き返すルートになりました。弁天さんの前を通り、五條病院前を通って帰ります。裏道ですが、車があまり通らないので快適です。途中、道端の肥料の匂いがきつかったりといろいろありますが、とにかくおっさんのレーサー集団は走っていきました。

この紀の川南岸道路は、ほどよい距離にコンビニが点在していて非常に助かるのです。トイレ休憩とかすぐ取れるし。

今日は、汗をかきました。ものすごい水分量です。しかし、その分もポカリとか飲みまくったので快適でした。

帰着は、午後15時で、出発してから往復約6時間で走破なのでした。

次回参戦のときは、鉄のレーサーで行こうっとw…。(=^・^=)

2011年7月23日土曜日

今朝からめまいがして…。

朝、4時に目が覚めた。ところが目がぐるぐる回って気持ち悪い。脳のどっかの血管が破れそうになっているのだろうか…。嫌なことばかり考えてしまう。今日は、楽しい、クラブ行事に参加予定のはずなのに…。

慣れない環境に変わって、半月が過ぎた。どっと疲れが押し寄せてくる時期のようだ。

さて、サクサクと書いているが、実は、これ、Linuxでマックを起動させて書いている。ディストリは、Knoppixである。日本語入力はanthyのようだ。難しい漢字も割と変換して出てくるが、日頃、グーグルの日本語入力を使っているとどの日本語エンジンでもおバカに見えてしまう。

Knoppixは、CD起動であるが、ブラウザでページを次々に回ったりすると少しもたつく。しかし、使えないレベルではない。これなら非常用として十分に役立つ。私は、もうずいぶんと以前からメールなどをすべてクラウドに移行してしまっているので、ブラウザさえ使えれば不自由はない。

もうすぐノートパソコンが修理完了して帰ってくる。お代は12800円とのこと。割と安い。これなら修理して長く使うほうが絶対に得である。このマシンも生粋のLinux機である。

どのパソコンになろうともこの駄文は続くし、変更もないw。

今日は、深夜の帰宅予定。ちょっと以前の拠点に立ち寄って、世間話などして、堺市の友達の自転車屋へ顔を出し、時間を潰してから大阪に向かう予定。

明日は、また別のクラブの行事予定が入っていて、五條市までのサイクリングなのである。

2011年7月17日日曜日

【レポ】志賀〜毛原〜紀美野町役場集会コースを走ってみました…。

●本日のサイクリングコースは激坂あり。初心者要注意ですw。
http://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=214420994628421150010.0004a83dd9c106134948e&msa=0朝から、天気がいいと必ず、走りに行っております。
本日は、アルミレーサーで登場です。サドルバッグがとってもレトロ。しかし、普段、一番登場回数が多い自転車はこれなんです。しかし、古い時代のアルミで固いので、振動で長距離は疲れます。将来は、プロムナードに改造かなw。

さて、志賀というところは、かつらぎ町渋田から激坂を上がることで有名です。その傾斜角度は半端ではなく、膝が胸につかえるくらいw? と形容すればわかってもらえるでしょうかw…。ここをローアンドローで、じっくりのんびり上がっていると口をパクパクして喘ぎながらストイックな一段が自転車で上がってきます。なかにはダンシングで登っている強者までどこぞの高校の自転車競技部でしょうな。最終の人とは距離を縮めたり、離されたりしながら、志賀を超えていきました。途中、三嶋温泉という温泉があります。ここで頂上付近です。とにかくこれで、この炎天下、おまえはアホか、というような社内からの視線を受けつつ、押したり乗ったりして超えました。私は、あくまでサイクリングですからね。しんどいときはしんどいと言っていいんですよ。>自画自賛。エヘへ。(=^・^=)

一気に志賀から下ってくると長いトンネルができてました。え?いつもの間に。不安だけど、地図持ってこなかったので、看板だけ頼りにエイヤッ、と入りました。中はひんやりしていて天然のクーラーで、心地いい。フラットなので、トップギアで快走できました。

抜けると鞆渕方面への道もあったけど、なんかまだ登っている感じが嫌気さして、広い方を進みます。すると国道370号へ出ました。ずいぶんと立派になってますな。数年前とはえらい違い。

ここから川沿いに海南方面へ一気に下ります。快走です。実に気持ちいい。反対方向からはレーサーの一段と次々すれ違います。それぞれ挨拶してくれる人、死にそうな人、いろいろですな。このコース取りの場合、川沿いにのんびり海方向へ下るのが絶対に正しいと思うのだけど、太陽を正面から受けるのがきついというかなんというか…。

毛原付近で、かじか荘とか温泉施設一帯は川遊びの真っ最中。子供たちの歓声が響き渡ります。大人の人も海パンで川に寝そべっていて、それは夏を満喫しているご様子。どこぞから、バーベキューのいい匂いも漂ってきて、減ってきたお腹はもう限界です。しかし、この一帯、あまりにローカルなため、開いている食堂はおろか、食料品店もないのです。これはうかつでした。もうちょっと10キロほど下ると、自販機をたくさんおいているベンチがあったので、そこでへたり込みます。ジュースを飲んでいると中年夫婦が車で立ち寄って、会話。あのぉー、どちらから? ハイ。志賀の峠を超えて、紀美野町の方から一周するんですよ。明らかに奥方はこの炎天下に、とういうか、常軌を逸しているな、こいつ、って顔でした。

そして、しばらく下ると動木(とどろき)という場所に出ます。ここに小さいながら、スーパーがあるんですよね。昔から。それで、中に急いで入り、火照った体を冷却です。しばらく店内を真っ黒に日焼けした怪しい人間がうろうろ。レジには、ウィダーインゼリーとかっポカリ、フランクフルトなどを仕込み、一気に飲みかつ食いました。そしてついでにトイレも借りっちゃったw。

家には12時過ぎに到着。

8時40分に出たから、結構いいペースですな。しかし、出てきたお腹は凹みませんでしたw。

2011年7月14日木曜日

商品名に思わずワロタ…。

ローラー台の取り付け使用方法の解説動画があったので、見てみたら、商品名が非常におもしろくて、ワロタ。

その名もSATORI



ストイック好きな自転車乗りの方は試してみられては?

私は、敬遠しておきますがw…。^^;

2011年7月13日水曜日

地図の進化に目を見張るばかりですな…。

私は、小さな頃から地図を見るのが好きでした。
小学校の休み時間とかにまだ行ったことのない未知の場所の地図を見て、変わった地名とかに驚いたり、ここから行くには、どれくらい時間がかかるだろうか、とか、とにかく想像して楽しむのが好きなちょっと変な子でした。

時が流れて、今は、列車の時刻表とか、地図とかインターネットで何でもできますね。ものすごい時代になったもんです。もし、出かけられない状況になったとしても自宅でネットで各地を散策できるので、非常に楽しめますな。特にハマってるのが、グーグルのストリートビューです。前の堺市の場合は、これが完備されていて、送迎ルートなどが手に取るようにわかるのです。もう実際に運転している気分そのもの。名前は伏せられていますが、当然、利用者宅も出てきます。かなりプライバシーとかきわどいのですが、便利といえば便利。それと、上空から眺めるとどれが最短ルートかが、すぐにわかってしまいます。交通状況もよくわかるので、危ないコースなのか、どうなのかもすぐに分かりますね。うちの自宅前の道路も早くストリートビューしてくれんかな、と思うのですが、和歌山県は田舎のためか、ほとんど手付かず状態ですな。完成するのかどうだかも怪しいですが、とにかく大都市圏は、便利になったもんです。

明日、お休みなので、24日日曜に開催される五條探訪サイクリングの自宅からのコースをグーグルで見てみようと思います。ルートマップもできると思うのですが、どっこい、使い方をいまいち理解してないw。これができるようになるとルート上に撮ってきた写真を配置できて非常に楽しいものになります。

ま、出掛ける予定のない日の楽しみに取っておこうっと…。(=^・^=)

2011年7月12日火曜日

さて、地元のサイクリングクラブよりイベントのお知らせが届いたよ…。

最近、転勤して、気を遣ってばかりで、悶々としていると、所属する地元のサイクリングクラブからイベントのおハガキが届きました。来る7月24日に五條市方面へのサイクリングが実施されると…。輪行や自走など各自好きなプランで行ってくださいな、ってな内容。日曜だし。オイラは、もう参加希望を送信しておいた。後は、どのマシンで参加するかだよな。

締切りは20日だそうな。

参加費は200円。たぶん、保険代だろうな…。

ま、天気は晴れだろうし、楽しみですな。チューブラーのクラブモデルで行ったろうかな、と…。五条のかもきみの湯に浸かって、食事して、自走で自宅まで帰るつもり。

往復100キロ程度か。楽勝だな。峠もないし…。

ってことで、走ることに決定。また、写真など撮ってきますかなw。乞うご期待。

2011年7月10日日曜日

【レポ】風吹峠〜雄ノ山峠を超えてテスト走行でした…。

 ↑razziです。完全武装でいざ、走るぜ! (=^・^=)

↑razzi1号。今野製作所作品。3色のフレームカラーが自慢です。

やっと梅雨明け。待ちに待ったオイラの季節到来。
最近、ずっと引きこもって走れる機会がなかなかなかったせいか、お腹も膨らんできておりますw。一気に引き締めンとあかんなぁー、ということで、散髪後、ケルビム号に乗って、ヒルクライムポタに行きました。

まず、出発は、根来寺の下の交差点からです。風吹峠(かぜふきとうげ)です。いきなりの激坂。しかし、STIは楽チンでいいっすな。隠世の感であります。パチンパチンと正確にギアチェンジするし、こういうのに乗ってしまうとなんでビンテージにこだわっているのか、わけわかんなくなりますね。(=^・^=)

今日は、レーサーファッションで決めまして上から下までギンギラギンです。

しかし、いくら汗をかいても気分爽快。おしりのパットも気持ちいいですな。実は、自転車パーツで最重要ポイントは、ウェアだったりします。これで、一日の快適さが全然違いますからね。

私は、痩せ型体型なので、上はXSでちょうどいいんですね。ヨーロッパのサイズはとにかく小さめを買わないと私には、大きすぎて…。

このマシンは、今野製作所にオーダーしたrazzi1号です。それにしてもカッコイイでしょ。このフレームカラーにするために納期がかなりかかりました。待つこと1年と7ヶ月。来る日も来る日も待ちました。

ホィールはチューブラーです。私は、何がなんでもチューブラーにこだわる人間なので、700Cサイズは、全部チューブラーです。このタイヤは、モンテロっていうやつらしいです。よく知りませんw。そんなに高級タイヤはいらないんです。消耗品なので。

家にイタリアのビットリアが何本も転がってますw。

風吹峠をインナーギアに落としてローアンドローで登り切るとトンネルがあります。最近は、道がずいぶんと改修されてチューブラーだと一気に超えてしまいます。

すぐ出たところに根来の里という道の駅があるので、寄ります。ポカリを一気に飲み干します。このときのうまいのなんの!

子供は、危ないおじさんという目付きでこちらを見てますw。

そして、いっきにドロップの下側を持って前傾姿勢で急降下。10分ほどで和泉鳥取駅に到着。ここからは、おなじみの阪和線沿いにゆるい坂をじわじわと登っていきますが、勾配がゆるいので、それほど足にはきません。楽勝です。

途中、峠手前から一気に坂が急になるので、ギアをインナーに落とし、えっちらおっちらと登っていきます。こちらを帰りに選んだのは、木陰が多いから。これが実に正解でした。真夏のライドは、ある意味、暑さとの戦いになるため、コース取りを間違うと死にますw。

和歌山側は、九十九折の急降下になっていて、一気に汗が引きます。気持ちいい! サイコー!

後は、県道を粉河方面へ走るとあっけなく一周完了です。


本日ライドしてみて思ったのは、最新コンポだとギア数が高くてもそれほど重たく感じないという点でした。不思議と言えば不思議ですが、オイラがいつも回しているギアより5T以上大きいのに全然重く感じないのです。それより、トップにしてもそれほど重く感じません。ロングライドに使用するということを念頭に作られているので、LSD使用(long slow distance)なわけね。

うーん、ますます、次期マシンをどういうふうにするか、コンセプトを考えるのに迷いますな。