2020年1月12日日曜日

もう3ヶ月ほど走ってない。(・∀・) そろそろ…。

思い起こせば、去年の11月を最後に自転車にまったく乗れていない。(・∀・)
気がつけば、もう2020年である。これはいかんとは思いつつも天気が悪いとか寒いとかでなかなか外へ飛び出そうとは思わないところがヘタレである。

自宅の周辺には紀の川サイクリングコースが広がり、ポタリングにはうってつけの環境である。これくらい恵まれた場所に住んでいるのになかなか乗らないとは、なんとももはやもったいない。

それで、今後のサイクリング計画を考えているところである。

和歌山県は今、サイクリングに非常に力を入れていて、第二のしまなみ海道のようなものを狙っているのかと思う。各サイクリングコースには青線が引かれ、地図なしでも迷いにくい工夫がされている。

まずは、寒いので南の方へ走りに行きたいかなというのがある。ルートを詳細に紹介したいのであるが、ルートラボがもうすぐ廃止されるとのことで、困っている。私はガーミンなどの高価な機器も持ち合わせていない。(・∀・)

勢い、輪行で出陣となると例のロードバイクの出番かと思う。なにせ、前後輪を外すだけですぐ出陣できるのでいい。願わくば、これをチューブラーにしたいのであるが、お金もかかるので、今は我慢である。

白崎海岸もいいかな、とは思う。ここは輪行で行くとすぐである。起点は御坊あたりがいいかな。ぐるっと一周もよし。海岸線だけ走るのもよし。しかし、休憩ポイントだった白崎海洋公園の売店が閉店になっているようで、困ったものである。みちしおの湯の食堂だけが頼りである。ここも過去何回も走ったな。

おっと、チューブラーのことを少しお話すると、リムとの接着にリムセメントなど使わず、私は両面テープを使っている。昔は、カーペット用の両面テープを使っていたが、これで案外走れた。タイヤが外れるなどということは一度もない。ランニングコストもいいので、オススメである。嵌めたままになっているビットリアは少しくたびれているが、まだ走れそう。スプロケを買い直し、チェーンを買い直して、32Tの乙女ギア化できたらいいな、と思っている。

チューブラーはパンクしても空気を騙し騙し入れながら走れるので、帰還率でいうとクリンチャーより高い気がする。辺鄙な場所ばかり走るようになると何よりもこの帰還率が問題だ。

おっと話が脱線した。
和歌山でオススメのコースであるが、周参見から入っての古座までの古座街道コースはぜひに走ってもらいたい。車もほとんどこず、ヒルクライムを楽しめ、絶景の古座川流域の奇岩を楽しむことができる。温泉もあるし、いうことなし!

宿泊も兼ねてとなると、十津川街道もオススメだ。ここも温泉天国である。宿も多い。

ともうすぐ暇になるので、久しぶりにロングライドで楽しみたいな、と思っているところ。
(=^・・^=)

0 件のコメント: