2020年1月2日木曜日

サドル。この悩ましい部品よ。

自転車に乗ると最初はかなりの確立でお尻の痛みに遭遇する。だいたいが、ポジションが悪く、どかっとサドルに座っている体勢で漕ぐためにそうなるのかもしれない。サドル高を上げ、前傾姿勢にもっていって体重を分散すると、かなり軽減するようだ。
私の場合、体重がそれほどないためなのか、今までそれほどお尻の痛みに悩まされたことはない。一つヒントをいうと、サドルは最初からブルックスのB17と決めていたため、お尻の痛み知らずできたのかもしれない。このB17、前評判よろしく、お値段もそれなりにしますが、購入してみて驚いた。とにかく長距離を乗ってもお尻が痛くならない。欠点は、重量が重いこと!そのため、ロードバイクに付けているひとを見たことがない。それと一枚革のため、雨天にカバーを被せないと弱ってしまうことかな。

専用のサドルオイルも発売されていて、ある方からご丁寧に革サドルのお手入れ方法をコメント欄よりご教授してもらった経緯がある。

未だにこのブルックスを越えるサドルを知らない。昔はイデアルという革サドルメーカーもあり、#88などを愛用していたが、今はまた復活しているようだ。しかし、高い。(^^)

私はそれほどお尻に汗もかかないため、夏でもぶよぶよになるようなことはないが、輪友は汗かきで夏場は乗れたものではない、とぼやいていた。

冬場はドライヤー片手に革サドルのお手入れ時期である。
(=^・・^=)

0 件のコメント: